FAQ

メンテナンス

バッグの取扱いについて

革製品

表面はキズがつきやすいので、丁寧に扱ってください。摩擦や汗や雨などの水濡れにより色落ちする恐れがあります。白色や淡色系の洋服等と組み合わせる際は十分ご注意ください。水濡れは輪染みや水ぶくれの原因となりますので、雨の日に使用する際は十分ご注意ください。

[メンテナンス 及び保管方法]
水に濡れた際は、速やかに乾いた柔らかい布で軽く叩くように水気を取り、直射日光を避けて風通しの良い場所で乾燥させてください。汚れたまま湿度の高い場所で保管するとカビなどの原因になります。風通しの良い場所で紙などを中に詰めて形を整え、布袋などに入れ保管して下さい。お手入れの際は素材に合った専用クリーナーをご使用ください。その際は目立たないところで試してからご使用ください。

樹脂仕上げ革(エナメル・ガラス革)製品

強く折り曲げると表面に塗った樹脂が割れる場合がありますので丁寧に扱ってください。他の革製品やビニール製品などを長時間密着させると、粘りつきや色移りの原因となりますのでご注意ください。

[メンテナンス 及び保管方法]
汚れた場合は柔らかい布を少し湿らせて軽く拭いてください。お手入れには素材に合った専用クリーナーをご使用ください。その際は目立たないところで試してからご使用ください。ビニール袋に入れたり、他の革製品、ビニール製品などと密着させると、粘りつきや色移りの原因となることがあります。布袋などに入れ、風通しの良い場所で保管してください。

樹脂仕上げ革(エナメル・ガラス革)製品

強く折り曲げると表面に塗った樹脂が割れる場合がありますので丁寧に扱ってください。他の革製品やビニール製品などを長時間密着させると、粘りつきや色移りの原因となりますのでご注意ください。

[メンテナンス 及び保管方法]
汚れた場合は柔らかい布を少し湿らせて軽く拭いてください。お手入れには素材に合った専用クリーナーをご使用ください。その際は目立たないところで試してからご使用ください。ビニール袋に入れたり、他の革製品、ビニール製品などと密着させると、粘りつきや色移りの原因となることがあります。布袋などに入れ、風通しの良い場所で保管してください。

合成・人工皮革製品

高温(火のそばなど)に置くと、軟化または変形する恐れがありますのでご注意ください。合成皮革製品はビニール製品や皮革製品と密着させると、粘りつきや色移りの原因となることがありますので十分ご注意ください。

[メンテナンス 及び保管方法]
汚れた場合は水や中性洗剤を柔らかい布に含ませ、かたく絞ってから拭き取り、直射日光を避けて風通しの良い場所で乾燥させてください。起毛素材の汚れには消しゴムタイプのクリーナーをご使用ください。使用する際、あまり強くこするとそこだけ変色する場合がありますので、ご注意ください。目立たないところで試してからご使用ください。合成皮革製品はビニール製品や皮革製品と密着させると、粘りつきや色移りの原因となることがあります。布袋などに入れ保管してください。合成・人工皮革製品は経年劣化いたします。この現象を『加水分解』といい避ける事ができない現象です。特にバッグを密閉状態や高温多湿の状況で保管されますと加水分解が促進され素材の劣化が早まり、復元することができません。温度および湿度の低い風通しの良い場所で保管してください。

繊維製品

濃色品は水濡れや摩擦などにより色落ちする恐れがあります。白色や淡色系の洋服などと組み合わせる際は十分ご注意ください。(特に天然繊維・レーヨン・ポリエステル)高温(火のそばなど)に置くと軟化または変形する恐れがありますのでご注意ください。(特に化学繊維)水濡れや摩擦などによりピリング(毛玉)が発生しやすいので、使用の際はご注意ください。(特に毛・アクリル)

[メンテナンス 及び保管方法]
水に濡れた際は早めに乾いた布で湿気を取り、直射日光を避けて風通しの良い場所で乾燥させてください。水やお湯での丸洗い、またはドライクリーニングは絶対に避けてください。汚れた場合は水や中性洗剤を薄めて柔らかい布に含ませ、かたく絞ってから輪ジミにならないように軽く叩いて拭き取り、直射日光を避けて風通しの良い場所で保管してください。

天然素材製品

濃色品は特に、摩擦や汗や雨などの水濡れにより色落ちする恐れがあります。白色や淡色系の洋服と組み合わせることはお避けください。雨の日の使用もできるだけお避けください。色褪せしやすいものが多いので、照明の真下直射日光のあたる場所に長時間置かないように注意してください。

[メンテナンス 及び保管方法]
汚れたまま放置しておくと虫やカビなどが発生する原因となります。汚れが付いたらすぐ、布に水を含ませかたく絞って叩くように拭き取り、完全に乾くまで直射日光を避け、風通しの良い場所で乾燥(自然乾燥)させてください。ビニール袋に入れたままにせず、温度および湿度の低い風通しの良い場所で保管してください。

すべての製品

濃色品は特に、摩擦や汗や雨などの水濡れにより色落ちする恐れがあります。白色や淡色系の洋服と組み合わせることはお避けください。雨の日の使用もできるだけお避けください。色褪せしやすいものが多いので、照明の真下直射日光のあたる場所に長時間置かないように注意してください。

[メンテナンス 及び保管方法]
水やお湯での丸洗い、ドライクリーニングはお避けください。革製品の雨の日の使用はできるだけお避けください。お手入れの際は素材に合った専用クリーナーを使用してください。シンナー、ベンジンなどのアルコール系溶剤のご使用はお避けください。専用クリーナー使用の際は必ず目立たないところで試してからご使用ください。ファスナーを開閉する時はスライダーを平行に引き、異物を狭まないようにしてください。ご使用にならない時は、よく汚れやほこりを落としてから形がくずれないようにして、湿度および温度の低い風通しの良い場所で布などに包み、保管してください。どんなにお気に入りのバッグでも時々は休ませてください。また、定期的にバッグの素材に応じたお手入れをしてください。磁気式留め金具(マグネットホック)使用の製品に、自動改札用の切符や定期券、 キャッシュカードなどを近づけると、留め金具による磁気の影響でそれらが使用不能になる場合がありますので、十分ご注意ください。

革靴製品の取扱いについて

履き下ろす前に簡単なケアをおすすめします。汚れがつきにくくなるばかりか、雨の日も気にせず履けるようになります。毎日履きつづけると靴の寿命が縮むだけではなく、足の健康にも良くありません。足の健康を考え、靴を長持ちさせるため、1日履いた靴は中2日ほど休ませてから履くようにしてください。

[メンテナンス 及び保管方法]

ベースケア

まず新しい革靴を購入したら、すぐフッ素系の防水スプレーをしておくことをおすすめします。フッ素系の防水スプレーは革の通気性を損なうことなく、防水効果を発揮します。お手入れをするときには、通気性のいいところでケアをするようにしてください。

  1. フッ素系防水スプレーの缶を良く振り、溶剤が均一になるようにします。革靴から20cmほど離し(スプレーによって異なることがあります)、全体的にムラがでないよう防水スプレーをかけてください。革に溶剤が染み込んでいきます。
  2. 革に溶剤が染み込んだら再度防水スプレーを均一にかけます。何度かくり返しているうちに革が溶剤を吸収しなくなりますので、それまで同じ事を繰り返します。
  3. 自然乾燥で乾かしてから、柔らかい布でカラ拭きをして仕上げます。ベースケアを行うことで、防水効果以外にも革表面の細かい凸凹や穴に、ホコリや汚れが付きにくくなります。日頃のケアが簡単になるだけでなく、革を長持させることにもつながります。

日常のお手入れ

靴を履いた後はブラシでほこりや汚れを落としてください。ベースケアをしっかりとしていれば日頃のお手入れは手間をかけずに簡単に済みます。クリームやクリーナーなどは、履く頻度にもよりますがご自分で目安を付けて、月1回とか4?5回履いたら1回くらいのペースで行ってください。

  1. まず、汚れを落とします。ブラッシングをして革の表面に付いた泥やほこりをきれいに落とします。
  2. 塗る前に一度目立たない箇所に少し塗り、色の状態をテストしてください。大丈夫であれば、柔らかい布などに少量を取り、靴全体に塗り込みます。塗りすぎにならない様に、少量をうすく全体に伸ばしていきます。
  3. ブラッシングをします。余分なクリームを落とし、均等に行き渡るようにブラッシングをします。しわや切替部分、エッジなどの細かい部分にも行き渡るように丁寧にブラッシングしてください。この時、最初に汚れを落としたブラシとは別のブラシを使うようにしてください。また、「クリーム塗布用」のブラシもお手持ちのクリームの色に合わせて別に揃えておくと便利です。
  4. 乾拭きで仕上げをします。最後にもう一度きれいな布を使って丹念に乾拭きをします。クリームが革に馴染み、磨き込むほどに光沢が出てきます。

スエードのお手入れ

スエードはとにかくブラッシング、これが大切です。

  1. 汚れを落とします。スエードのメンテナンスは、?とにかくブラッシング?が基本です。硬めのブラシを使って毛の中に入り込んだ汚れを掻き出すようにブラッシングをします。日常的なお手入れはこれだけで十分です。念入りなブラッシングをしなくとも、履いた後のブラッシングを癖づけておけば面倒なお手入れはほとんど必要ありません。
  2. ひどい汚れを取り除くには… ブラッシングでは落ちないような汚れがついてしまった場合、消しゴムタイプのスエードクリーナーを使います。強く擦りすぎると起毛の部分を痛めてしまいますので気をつけてください。その後毛を立たせるような感じで再度ブラッシングしていきます。
  3. 革に栄養を与える時は… スエードの場合クリーム系のものは塗れませんので、スエードスプレーを吹きつけます。このタイプのスプレーは革に栄養を与えるだけでなく、汚れ防止にも役立ちますので、ご自分で目安をつけて定期的に行ってください。色付きのものと無色のものがありますが、色付きのものは一度目立たない箇所でテストしてから吹き付けて下さい。最後にもう一度全体をブラッシングします。
アクセサリーの取扱いについて

過度な摩擦や衝撃、引張りにはご注意ください。着替えのときなどは特に注意が必要です。アクセサリーに使用している金具は金属アレルギーには対応していませんのでご注意ください。天然石は以下の点にご注意の上、ご使用ください。

  1. 水につけると変質しやすい石:アズライト、ターコイズ、クリソコラ、マラカイト、ラピスラズリ、カルサイト
  2. 汗で変色しやすいもの:パール
  3. 日光(紫外線)で褪色しやすい石:パール、ローズクォーツ、アメジスト
  4. 硬度が低いため欠けやすい石:カルサイト

※手作業で作られているものは、色や形に多少のバラツキがあります。

[メンテナンス 及び保管方法]
お手入れは繊維の細かい布(ナノテク布などがおすすめです)で軽く磨いてください。シルバー用の布は、くもりや細かいキズの原因になるのでご使用にならないでください。ご使用後は柔らかい布で汗や汚れを拭いてから保管するようにしてください。シルバーは空気に触れると黒化しやすいので、密封ビニール袋に保管されるのがおすすめです。必ずお子様の手が届かないような場所に保管してください。