STAFF BLOG

レシピブログ21 キヌアのタブレと自家製チーズ

2017.06.4

レシピブログ21 キヌアのタブレと自家製チーズ01

こんにちは、本社のぬまたです。

今回はサラダです。

フレンチレストランでつけ合せに
クスクスのタブレが出てきますね。
あれのキヌア版です。

キヌアはアンデス発祥の雑穀で
近頃話題のスーパーフードです。
完全食とも言われています。
雑穀なので、ちょっと地味な感じですが
調理次第でおいしくいただけます。

材料
キヌア 150CC
水 キヌアに対して 1.5倍
ブイヨンキューブ 1個
クミンパウダー 小匙半分
塩胡椒

きゅうり 1本
紫たまねぎ  1/4 個
プチトマト  5~6個
パセリ  2枝
蟹かまぼこ  適量
茹で海老   適量

調理
1
キヌア・水・ブイヨン・クミンを鍋で弱火で煮ます。
10分位で水が無くなったら完成です。
常温まで冷まします。

2
そのほかの材料を微塵切りにします。

3
キヌアと混ぜて完成です。
味をみて塩胡椒してください。

N2
N3
N4

材料はなんでも良いです。
パプリカとかパクチーとかズッキーニとか
ツナや茹で鶏とかも良いですね。

クスクスでつくるときは湯戻しで良いです。

 

短かったので、もう一品サラダです。

カッテージチーズを自作します。

温めた牛乳にお酢加えると(酸性のもの)
カッテージチーズが出来ます。

今回はそのままサラダに使いたいので
お酢の代わりにレモン汁を使います。

牛乳ワンカップ200に対して大匙1杯の
レモンの絞り汁を使います。

N5

牛乳を電子レンジで沸騰しないように加熱して
レモンを加えたらかき混ぜてください。

みるみる分離して固まってきます。
牛乳の温度は60℃以上です。
お鍋で温めても良いです。

N6

分離しなかったらもう一度レンチンしてください。

5分ほど放置したあと目の細かいザルや
ガーゼで水切りすると完成です。

N7

分離したあとの液体はホエーなので
冷えたら調味して飲みましょう。
次回、詳細を掲載します。

出来たカッテージチーズには塩をふって
はっきりした味にします。

今回はニンニクスライスと炒めたベーコンと
合わせてサラダにしました。

N8

化学の実験みたいでおもしろいので
是非つくってみてください。

次回は今回の続きで、カッテージチーズから
デザートをつくります。

では、次回。

*********************************

そうそう、速報がありました。

アジア圏に旅行した時には必ず市場に行っていました。
珍しいフルーツを買って食べてました。

タイには果物の王様と呼ばれるもの
女王と呼ばれるものがあります。

今回は女王様情報です。

マンゴスチンが現在日本に入荷しています。

マンゴスチンは以前は入荷禁止フルーツでした。
その後冷凍が許可されて、現在はフレッシュも
入荷するようになりました。

タイでマンゴスチンが旬なので、今なら
日本でも食べられます。

見つけたら、いや探して食べてみてください。
ごつい見かけからは想像できない
上品な味です。

さあフルーツ売場へ急いでください。

N10

でした。