STAFF BLOG

レシピブログ⑮ ガーリック・カルボナーラ

2017.01.29

レシピブログ⑮ ガーリック・カルボナーラ01

こんにちは、本社のぬまたです。

カルボナーラのニンニク、リスペクトバージョンです。

ベーコンもたくさん入れていますので、がっつり満喫できますよ。

休日前にしか食べられませんが、お試しください。
2

材料  2人前
パスタ 140g お好みで
卵 3個 (全卵 1個、 黄身だけ 2個)
にんにく  6片 お好みでさらに入れても良い
ベーコン 塊り たっぷり  (つるしベーコン推奨)
生クリーム  60cc  動物性生クリーム
  (さっぱりなら豆乳とか牛乳でも良い)
白ワイン 50cc
オリーブオイル 大匙 1~2
黒胡椒 小匙 1
塩 適量(パスタを茹でるのに使う) 
パルミジャーノレッジャーノ すりおろしたっぷり

調理
1
にんにくは包丁の面をつかって押しつぶし粗切り。
ベーコンは大きめの拍子切りする。

2
冷たいフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で
じっくり香りをひきだす。

3
ベーコンを加えて、火を強める。
ベーコンはしっかりめに焼き付ける。

4
にんにくが焦げそうになったら、白ワインいれて中火にする。

5
生クリーム 40cc入れて煮詰める。
味をみて、必要なら塩(茹で汁)を追加する。

6
煮詰めている間に、多めの塩でパスタを茹で始める。

7
ボールに全卵1個、黄身2個を入れてしっかり攪拌
生クリーム20ccを入れて、バルミジャーノも入れ混ぜる。

8
パスタが茹だったら、フライパンに入れてしっかり合わせる。

9
火を止めて、ボールの中身をフライパンに入れてすばやく混ぜる。
(余熱で、とろっとさせる。玉子が固まらないように注意)10秒ほど

10
すぐに皿に盛り付ける。
最後に黒胡椒をふりかける。
出来上がり。

3

カルボナーラの意味は炭焼き風で黒胡椒を炭に見立てています。
黒胡椒たっぷりでお願いします。

今回は特に素材個々の印象を強めたかったので
にんにくは多めの大粒ごろごろ
ベーコンは大きめをしっかり焼き色付けて
黒胡椒はクロック(石臼)で荒く砕く
としました。

本来のカルボナーラは生クリームを使わないしパンチェッタと
ペコリーノロマーノなので、作り易くした和風カルボナーラと
解釈して下さい。

でも美味しいですよ。

4

5

是非つくってみてください。

それでは、また次回。